こんなところにも

2017年04月20日 17:46

淀川から中津に戻る途中、高架線が小さな道を跨ぐところの橋があり、真ん中の宝塚線の橋の欄干がこんな形になっているのを見つけました。こんなところにもしっかりと装飾を施しているなんて、当時の意気込みと矜持が見て取れるようです。

(2017.03 十三~中津)
170420.jpg

隙間から

2017年04月17日 18:33

京都線の鉄橋はいちばん上流側にあり、神宝線より少し高いところを通っています。
宝塚線の撮影は京都線の橋の下から。頭上を轟音をたてて電車が通過していきます。
上下線の隙間からちらっと顔が見えました。

(2017.03 十三~中津)
170417.jpg

淀川

2017年04月16日 15:41

次は淀川橋梁に移動。
右岸(十三側)は広い河川敷があって撮り易いのですが、前パン側が撮りたかったので左岸(中津側)で撮ることにしました。
こちらは堤防のすぐ下からぬかるみで足場が悪い。靴に水が沁みてビチョビチョになりながらもミッション達成。

(2017.03 十三~中津)
170416.jpg

阪急はトップナンバーが「0」から始まります。古い蒸気機関車(9600)とか旧型国電(クモハ500000)を思い出します。

170416-2.jpg

桂川(2)

2017年04月15日 13:24

河川敷に大きな木が一本。まだ冬枯れですが、樹形がいいのでいいアクセントになります。

(2017.03 西京極~桂)
170415.jpg

170415-2.jpg

170415-3.jpg


桂川

2017年04月14日 20:26

翌日は一日阪急を撮るつもりで、「阪急阪神1dayパス」¥1200を購入しました。
先ずは桂で降りて桂川の鉄橋に。
梅田方先頭車のダブルパンタがカッコイイです。なかでも下枠交差の5300や7300が狙い目ですね。

(2017.03 西京極~桂)
170414.jpg

170414-2.jpg

170414-3.jpg

最近の記事