記念写真

2013年05月31日 20:51

末端部での3往復の運行を終えフライタールに戻る臨時列車はザイファースドルフで定期列車と交換のため38分停車します。待ち時間の間、機関車の前で機関士と車掌が談笑しています。なかなかいい光景なので写真を撮らせてもらおう。こんなときこそ会話集の出番です。
「カン イッヒ アイネ アウフナーメ フォン イーネン マッヘン」
通じたみたい!

気さくな車掌さんと職人気質の機関士さんといった感じに撮れました。

(2013.04 Seifersdorf)
130531.jpg

スポンサーサイト

交換

2013年05月30日 21:08

普段は見られない列車交換も撮影できました。
ところでこの駅、線路は右側通行、左側通行という使い方ではないようです。
一枚目は、右の列車が下りの臨時、左から入ってきたのは上りの定期列車。
二枚目、こんどは下りの臨時が同じ線に入り停車中、入ってきたのは下り定期。
臨時が普段使っていない方の線に入るということなんでしょうかね。

(2013.04 Seifersdorf)
130530.jpg

130530-2.jpg

アーチ橋

2013年05月28日 20:51

沿線にはいくつかのアーチ橋があります。
これはザイファースドルフ手前の橋、構内の外れがすぐ橋ですのでお手軽です。
到着寸前なので爆煙はむりですが。

(2013.04 Spechtritz~Seifersdorf)
130528.jpg

こちらは湖にかかる5連アーチ。
青く澄んだ湖面の水鏡が美しい、はずだったのですが。湖は全面結氷。
湖なのか雪原なのかわからない写真となりました。

(2013.04 Malter~Dippoldiswalde)
130528-2.jpg

ザイファースドルフ駅

2013年05月27日 20:48

ホーム(といっても嵩上げされたホームがあるわけではなく、上下線の線路の間を踏面の高さまで砂を敷き詰めただけのものですが)には小さな待合室がありました。寒い中きちんと扉の閉まる待合室の存在はありがたいものでした。

(2013.04 Seifersdorf)
130527.jpg

木製の床と木製の長椅子。昔の学校の匂いがしました。

130527-2.jpg

「Harz」アップしました

2013年05月26日 18:32

ギャラリーのほうにハルツの写真をまとめてアップしました。
「Harz」

(2013.04 Schierke~Brocken)
130526.jpg

99.73-76形

2013年05月25日 18:42

先頭の機関車は戦前製(1929年?)の99 1746-9。
今の番号は新しい番号規定によってつけられたもので、原番号は99 746、形式としては99.73-76形と呼ぶようです。
ハルツのEタンクに比べバランスのいい形態をしているように思えます。

(2013.04 Seifersdorf)
130525.jpg

第三動輪はフランジレスです。

130525-2.jpg

車内

2013年05月24日 17:39

旧型客車の車内はリニューアルされているようでとてもきれいでした。

(2013.04 Seifersdorf)
130524.jpg

暖房のコントローラのようです。

130524-2.jpg

照明の灯具。

130524-3.jpg

臨時列車

2013年05月23日 20:58

ヴァイセリッツタール鉄道の通常の運行は一本の列車がいったり来たりで6往復。
終点に向けてほぼ片勾配であることから本気で撮影すべき列車は2時間に一本の下り列車ということになります。
一日一往復が当たり前の日本の復活蒸気に比べれば十分な本数ですが、寒い中待つのはそれなりに辛い。
ところがこの週は春休み中ということなのか臨時列車が設定されており、ザイファースドルフ~ディッポルディスヴァルデ間を昼間3往復走るため実に効率倍増でした。
しかも列車は旧型客車中心に編成されており、いかにも観光鉄道風な側面の文字もなく実にいい雰囲気でした。

(2013.04 Malter)
130523.jpg

(2013.04 Seifersdorf~Malter)
130523-2.jpg

ヴァイセリッツタール鉄道

2013年05月22日 18:50

翌日、ヴァイセリッツタール鉄道に行きました。
ドレスデン中央駅からSバーンでわずか12分で始発駅のフライタール・ハインスベルクに着きます。
全列車が蒸気機関車による運転で、2002年の水害による不通区間がいまだに残り、途中駅ディッポルディスヴァルデまでの運行となっています。

客車の床下から暖房の蒸気が立ち上る懐かしい光景。

(2013.04 Freital-Hainsberg)
130522.jpg

一番列車の乗客は私とこの親子だけでした。

(2013.04 Dippoldiswalde)
130522-2.jpg

歴史地区

2013年05月20日 21:10

ドレスデンの歴史地区。空襲で一旦は瓦礫と化した街が修復作業により元の姿を取り戻しました。
重厚な建物をバックにトラムが走ります。

(2013.05 Theaterpl.~Neustadter Markt)
130520.jpg

この区間、路面も石畳になっています。

130520-2.jpg

(2013.05 Theaterpl.)
130520-3.jpg

最近の記事