滝井駅

2012年01月31日 21:20

昭和8年に複々線が完成した当時のままの駅なのでしょうか。
コンクリート造ながら随所に配したアーチと薄暗さで古い病院や学校みたいな雰囲気です。

(2011.12 滝井)
120131.jpg

120131-2.jpg
スポンサーサイト

京阪2600系

2012年01月27日 20:35

卵形のボディ、おでこに2灯、緑の濃淡の塗装。魅力的な車両の多い関西私鉄のなかでもいちばん好きな車両かも。
本線の準急で活躍する7連。パンタグラフ6個は壮観です。

(2011.12 千林)
120127.jpg

こちらは宇治線。
助手席側の窓が2段窓でより原型に近いスタイル。
宇治線にはこの春から新型車13000系の導入が予定され、この姿もあとわずかです。

(2011.12 中書島)
120127-2.jpg

△と○

2012年01月26日 20:37

引き続き恵美須町、線路端の番線表示は三角柱形。そして、ホーム上屋から下がるのは丸形。
中に白熱灯が灯ってくれたら申し分ないのですが、いまはもう点かないみたいです。

(2011.12 恵美須町)
120126.jpg

120126-2.jpg

夜明け前

2012年01月24日 20:53

冬至も近く夜明けは遅い。
中天には下弦の月。

(2011.12 恵美須町)

120124.jpg

夜、モ161形

2012年01月22日 09:07

夜は大阪に戻り阪堺電車の撮影。
住吉鳥居前で撮っていたら住吉のクロッシングを渡って行くモ161が見えたのであわてて住吉公園に戻り乗車しました。
(この記述、住吉鳥居前、住吉、住吉公園の位置関係を理解してないと何を言っているのか理解できませんね、笑)

(2011.12 住吉公園)
120122.jpg

(2011.12 車内)
120122-2.jpg

120122-3.jpg

高野下駅

2012年01月21日 11:37

120121.jpg

駅入口の階段、なんともいえない雰囲気です。

(2011.12 高野下)

120121-2.jpg

今回の高野線ツアー、夕暮れ時のこの駅を撮ることができたのは大きな収穫でした。

120121-3.jpg

120121-4.jpg

下古沢駅

2012年01月20日 21:05

線路は山の中腹を走っており、谷底の道からはかなり登ったところに駅があります。
交換設備は撤去されており、そのため無人駅となっています。

(2011.12 下古沢)
120120.jpg

軌道線の姫松電停と似たような装飾です。

120120-2.jpg

待合室から眺めはなかなかのもの。

120120-3.jpg

上古沢駅

2012年01月19日 21:06

こんな山中の小駅(失礼)にもきちんと手の込んだ装飾を施す、そういう時代だったのですね。

(2011.12 上古沢)
120119.jpg

ここまでの3駅(いずれも交換可能)には駅員さんが配置されていました。
山間の勾配線区という特殊性によるものだそうです。

120119-2.jpg

紀伊細川駅

2012年01月17日 20:59

ここも木造駅舎です。
入り口の梁の付け根の装飾、紀伊神谷にもありましたね、ここらへんの駅の共通デザインなのでしょう。

(2011.12 紀伊細川)
120117.jpg

交換列車待ち。

120117-2.jpg

急勾配

2012年01月16日 21:37

紀伊神谷駅の極楽橋寄りはすぐにトンネル、途中から目で見てわかる急勾配になっています。
きみさんから500mmをお借りしてトンネル内を切り取り。
手ぶれ補正もオートフォーカスもついていないレンズは久しぶりで、ブレたり後ピンだったり。(泣)
3回目でやっとまともに撮れました。

(2011.12 極楽橋~紀伊神谷)
120116.jpg

最近の記事