番線表示灯る

2011年05月31日 21:32

前回もこの三角形の番線表示は撮っていたのですが、夜には白熱灯が灯るとは知りませんでした。
1から3番線までの各ホームにこの表示はあるのですが、電気がついていたのはこの2番線のみでした。

(2011.05 稲荷町)
110531.jpg
スポンサーサイト

越中三郷駅

2011年05月30日 22:48

駅開業は1931年、同年に立山鉄道等が合併した富山電気鉄道が後に富山地方鉄道となりました。
寺田や西魚津と同じタイプの五角形の破風の中に右書きで「富山電鉄 三郷駅」(鉄と駅は旧字体)と記されており、開業時からと思われる貴重な遺構です。

(2011.05 越中三郷)
110530.jpg

階段部分のみの上屋は西魚津や岩峅寺で見られるものと同じです。

110530-2.jpg

110530-3.jpg

14760形旧塗装車

2011年05月29日 21:19

お気に入りのこの電車をちゃんと撮る、というのも今回のミッションのひとつでした。
元京阪の10030形がけっこう幅をきかせており、今来てくれればというところでなかなか14760が来なかったりしたのですが。それでも何カットかものにできました。

(2011.05 中加積)
110529.jpg

(2011.05 上市)
110529-2.jpg

(2011.05 越中舟橋~越中三郷)
110529-3.jpg

空と水の間

2011年05月28日 10:20

5月の富山平野は一番いい季節なのかもしれません。
田には水が張られ、里は新緑に彩られます。東に目を向ければ残雪を抱いた立山連峰が間近に望めます。

風があって水鏡にはなりませんでしたが、波立った水面はまるで湖のように見えます。

(2011.05 中加積~新宮川)
110528.jpg

駅の小物

2011年05月27日 19:33

いろんなタイプの駅舎やホーム上屋が見られる富山地鉄ですが、こういう小物も魅力です。

(2011.05 早月加積)
110527.jpg

(2011.05 浜加積)
110527-2.jpg

(2011.05 寺田)
110527-3.jpg

電鉄黒部駅

2011年05月24日 21:42

3面あるホーム全部を覆う大きな上屋がありますが、改札側寄りからはかなり奥。2両編成の電車の1両半は屋根の外になってしまう微妙な位置。昔は編成が長かったのでしょうかね。

(2011.05 電鉄黒部)
110524.jpg

110524-2.jpg

上下の「アルペン特急」と下り普通で線路が埋まりました。全部違う電車、違う塗装。

110524-3.jpg

凸電

2011年05月23日 20:43

黒部峡谷鉄道の凸型電機。
宇奈月構内で無蓋車の入換を始めました。このままその編成を牽いて本線貨物として走ってくれないかなという願いは叶わず、ひとしきり入換えしたら引っ込んでしまいました。

(2011.05 宇奈月)
110523.jpg

人と比べるとその小ささがよくわかります。

110523-2.jpg

新山彦橋

2011年05月22日 13:56

宇奈月まで行くとやっと晴れてきました。
定番ですが、新山彦橋を行くトロッコ列車。
GWまっさかり、満員の列車が20分間隔で山に登っていきます。

(2011.05 宇奈月)
110522.jpg

舌山駅

2011年05月21日 21:29

前回の富山地鉄はほとんど駅巡りだったので今回は走りも撮ろうと思っていたのですが。
朝のうちは雲が多めだったため、とりあえず駅撮り。舌山駅で下車。

(2011.05 舌山)
110521.jpg

110521-2.jpg

北陸に行ってきました

2011年05月20日 20:42

今年のGWは夏の節電対策で夏休みを増やすため2日から6日まで出勤日となってしまいました。
それでも、残っていた代休を使って4日と5日の二日間だけ北陸に行ってきました。
2年前の同時期の訪問以来です。初日のメインは今回も富山地鉄でした。

(2011.05 中加積~新宮川)
110520.jpg

最近の記事