朝の機務段

2010年02月28日 11:40

樺南3日目の朝、機務段(機関区)にて。
この朝聞いた話では、前日は全線開通にこぎつけたものの、帰りの列車がサミット付近で脱線、復旧し樺南に戻ったのは夜半過ぎとのこと。今日は貨物が出るそうです。

(2010.01 樺南)
100228.jpg

100228-2.jpg
スポンサーサイト

駆け上がる

2010年02月27日 19:54

駝腰子を出てサミットを目指す重連。
このあと、徒歩で後を追ったのですが、この日は思いのほか除雪がはかどったのか、遠くに森の中から上がる煙が見えただけで結局追いつけず。サミットまで行ってしばらく待っていましたが、折り返してくる気配もなく、撤収しました。

(2010.01 駝腰子)
100227.jpg

凍った川

2010年02月26日 20:17

小さな川を渡る鉄橋。
流れは凍って、その上に雪が積もっています。
昔、冬の釧路湿原で川岸の氷を踏み抜いて川に落ちたことがあったので、おそるおそる歩を進めました。
別の場所では牛も川の上を歩いていたので、楽勝だったのかもしれませんが。

(2010.01 樺南~下樺)
100226.jpg

踏切

2010年02月25日 21:44

翌朝、樺南駅近くの踏切からスタート。
今日も重連の除雪(要員輸送)列車が出るようです。

(2010.01 樺南)
100225.jpg

帰着

2010年02月23日 21:13

16時過ぎ、すでに薄暗くなった樺南に到着。
ISO3200に上げて最後のカットを撮影。実り多かった一日が暮れました。

(2010.01 樺南)
100223.jpg

背合重連

2010年02月22日 21:16

駝腰子までバックで戻った列車は、機回しをして逆向き重連で下樺まで行き、下樺の三角線で前機を方向転換。
樺南までは正+逆の重連で帰りました。

(2010.01 下樺~樺南)
100222.jpg

「樺南/2010」アップしました

2010年02月20日 07:44

ギャラリーに「樺南/2010」をアップしました。
どうぞご覧ください。

http://home.catv-yokohama.ne.jp/gg/msuzuki/

牛橇は駝腰子の村に付くところで、バックで戻ってきた列車に抜かれました。

(2010.01 駝腰子)
100220.jpg

牛橇

2010年02月19日 21:55

除雪作業は続いてましたが、日もだいぶ傾いてきたので撤収することにしました。
私たちより先に樺南入りし、この日からほぼ同一行動をとらせてもらったMさんがチャーターした牛橇に便乗させてもらいました。

(2010.01 駝腰子~立新)
100219.jpg

ぴったりあわせてあるのかどうかはわかりませんが、両橇の間隔は線路の幅と同じ。線路の上を滑っていくので揺れはしないのですが、着膨れた体を折り曲げて狭い橇の上に座っているのはけっこう辛く、快適というわけにはいかなかったです。

100219-2.jpg

ダッシュ

2010年02月18日 21:18

煙が倒れて重連ということがわからなくなってしまいましたが、迫力あるからまあいいでしょう。

(2010.01 駝腰子~立新)
100218.jpg

長い影

2010年02月16日 21:26

北緯46度くらい、13時半でも太陽は低く長い影が伸びます。

(2010.01 駝腰子~立新)
100216.jpg

最近の記事