鶏西

2010年01月31日 11:24

年末年始の大雪のため樺南はまだ不通との情報もあり、初日はとりあえず近くにある鶏西の炭鉱鉄道に行くことにしました。市内に点在する炭鉱を結ぶ標準軌の専用線で、石炭列車を蒸機が牽引しています。
沿線にこれといった撮影地はないとのことで、ダイヤもわからないため、ヤードに行けば何かいるだろうということになり、「北場」というところに行きました。

(2010.01 鶏西)
100131.jpg

広い構内、巨大なホッパーと複雑に入り組んだ炭鉱の建物、次々発着する石炭列車。
活気ある現役炭鉱鉄道の姿でした。

100131-2.jpg
スポンサーサイト

K7025次

2010年01月30日 15:05

先の三連休にかけて中国に行ってきました。目的は昨年と同じく黒竜江省の樺南森林鉄道。
瀋陽から国内線でハルビンに跳び、さらに夜行列車で北に向かいました。
翌朝、小雪舞う勃利駅に到着。
列車が長いだけあって、驚くほど多くの人が下車しました。
この国ではまだ鉄道が輸送の主役を担っているという印象を受けました。

(2010.01 勃利)
100130.jpg

後姿

2010年01月28日 21:26

最近はデジによるお手軽モノクロばっかりですが、光と影の絵作りは面白いです。

(2009.11 金沢八景)
100128.jpg

トンネル

2010年01月26日 22:45

浦賀の帰り、300mmを持ってきていたので逸見で降りてこの光景を撮ることにしました。
三浦半島の真ん中を貫く京急線はトンネルと急カーブの続く山岳路線のような線形です。
なかでも、短いトンネルの連続がホームから望まれる逸見の駅はポピュラーな撮影ポイントです。

(2009.11 逸見)
100126.jpg

折り返し

2010年01月22日 20:04

浦賀に着いた電車は10分ちょっとで折り返しです。
お約束の映りこみ。(笑)

(2009.11 浦賀)
100122.jpg

車内にて

2010年01月21日 22:02

そのまま浦賀まで1時間半。
土曜朝の下り普通車は途中混雑することもなく、まったりした空気をのせて快調に走りました。
車内ではディティールの写真を撮ったり、独特のモーター音やコンプレッシャー音に酔いしれたりして、乗り納めになるかもしれない時間を過ごしました。

(京急1000形 車内)
100121.jpg

100121-2.jpg

100121-3.jpg

1000形

2010年01月19日 21:22

この電車に乗ることもこの先あと何回あるか。
下手したら乗り納めになるかも。
そう思ったら、衝動的に、やってきた浦賀行きにそのまま乗り込んでしまいました。

(2009.11 平和島)
100119.jpg

鈴木町駅

2010年01月18日 21:18

土曜でしたが、味の素の工場への通勤客のための改札口が開いていました。
定期はボックスの駅員さんに見せるのではなく、Pasmoの読み取り機にピッとかざして出て行きます。

(2009.11 鈴木町)
100118.jpg

新千歳空港駅

2010年01月17日 21:29

開業は1992年7月。ちょうど北海道に行っていて、行きは千歳空港駅から乗ったけれど、帰りはオープンしたての新駅経由で帰った覚えがあります。いまでこそしゃれたデザインの駅が増えましたが、当時、赤と青をつかった通路や柱のデザインはとても斬新でした。

(2009.10 新千歳空港)
100117.jpg

雨の朝

2010年01月16日 08:45

ひきつづきホテルの窓から。
いきなり駆け出すんだもの、子供たち画面の端になっちゃった。

(2009.10 東本願寺前~資生館小学校前)
100116.jpg

最近の記事