今年の5枚(4)

2016年12月29日 20:15

8月に台湾とタイに行ってきました。初訪問のタイは面白かったです。
非冷房の旧型客車が長~いホームに発着する光景、日本ではもう遠い昔にになくなってしまいました。
マハチャイ駅の線路市場の混沌もアジアらしくてよかったです。
前政権の政策で運賃を異常に低く抑えられていたこともあってか、車両更新が進まず停滞していたタイ国鉄ですが、ここにきて風向きが変わってきたのか、中国製(で大丈夫なのか?)新車の大量投入やバンコク新ターミナル建設やらの新しい動きが出てきました。
比較的気軽に行けるタイ、いままで何で行かなかったのかという思いはありましたが、なんとか間に合ってよかったです。

(2016.08 フアランポーン)
161229.jpg
スポンサーサイト

ジャカルタのバス

2016年10月28日 20:02

市内には路線バスが走っています。どこをどう走っているのかわからず、タイ語は読むこともできないので乗車はしませんでしたが。
冷房付きの新しい車に混じって、日本製のこんなボロバスも活躍していました。

(2016.08 ジャカルタ市内)
161028.jpg

夜になっても蒸し暑く、相変わらず窓全開です。正面屋根上の紫色のランプ、日本のバスにもありましたね、懐かしい。

161028-2.jpg

おまけ。
バンコクといえば三輪タクシーの「トゥクトゥク」
けっこうパワーのあるエンジンを積んでいるらしく、爆音をまき散らしながら道をカッ飛んでいました。

161028-3.jpg

これにて今夏の台湾、タイの旅の報告はおしまいです。


夜のホーム

2016年10月27日 19:10

バンコクには4泊、中3日の滞在でした。最後の夜、再びファランボーン駅に行ってみました。
長いホーム、列車を待つ乗客、客車列車、懐かしさを感じる光景です。

(2016.08 ファランボーン)
161027.jpg

161027-2.jpg

161027-3.jpg

この駅もターミナル機能をバーンスー駅に移転して廃止となることが決まっています。車両面でも中国製の客車の導入が今年度から始まります。この風景が見られるのもあと何年か。

主力DL

2016年10月25日 20:14

主力のディーゼル機関車はALS系と呼ばれるタイプ。仏、独製で113両造られました。

(2016.08 ファランボーン)
161025.jpg

重連は迫力あります。
普通列車で勾配区間があるわけでもないので回送でしょう。

161025-2.jpg

なんと、さんじゅうれん!
先頭はGEA型(米製)。

161025-3.jpg


車窓

2016年10月24日 20:52

普通列車は非冷房、窓は全開が基本です。
車窓に見えた様々な顔。

(2016.08 ファランボーン)
161024.jpg

(2016.08 ヨムマラート)
161024-2.jpg

(2016.08 ファランボーン)
161024-3.jpg

161024-4.jpg

荷物の積み込みも窓から。

161024-5.jpg

161024-6.jpg





最近の記事